目の疲れを解消せずに放置していると様々な病気を引き起こすことも

疲労はその日に除去

男性

緑内障にもつながります

目の疲れを次の日に残さないことは、とても重要なことです。眼精疲労は、慣れてしまうとついつい忘れてしまいがちです。寝不足の習慣になれ、目が充血していても気がつかず、他人から指摘されて気が付くなんてこともあるかもしれません。鏡をよく見る女性ならば、気が付く可能性は高いですが、男性の場合、気がつかないこともあるでしょう。目の疲れは、慣れてしまうと視野が狭くなってしまう緑内障や、水晶体と呼ばれるレンズの役割を果たす部分が濁ってしまう白内障などにもつながりかねません。日々の目の疲れは、その日のうちに解消することが重要です。解消するためには、十分な睡眠が必要不可欠です。寝不足は、目の病気だけでなくストレスも溜まりますから、これが続くようでしたら、あらゆる病気になる可能性が高まることにも注意しましょう。

眼精疲労の消去方法

十分な睡眠以外にも、目の疲れの解消方法はたくさんあります。ポイントは、目に良い栄養素を摂ること、目を適度に休ませること、ストレスを解消することの3つです。まず、目に良い栄養素は、ブルーベリーなど紫のものに含まれるアントシアニンや、ほうれん草などに含まれるルテイン、血行促進作用のあるビタミンE、目の作用を正常化するビタミンB群などです。これらを積極的に取り入れることは目の疲れの解消に役立ちます。目の休憩としては、単純に目を閉じてみる、目を蒸しタオルなどで温める、眼球を左右上下に動かしてみたり、こめかみや目の周りの骨で気持ちいいと思えるツボを押すこともお勧めです。ツボを押すときは、眼球を抑えないよう気をつけましょう。目を酷使する仕事をしている場合には、適度にこれらの休憩を挟むようにしましょう。ストレスは、ウォーキングなどの適度な運動、趣味、そして十分な睡眠で解消させましょう。