目の疲れを解消せずに放置していると様々な病気を引き起こすことも

目を酷使する環境

サプリメント

血行不良と筋肉硬直

オフィスワークやパソコン作業、スマートフォンの見すぎなどにより目の疲れが取れにくくなっています。特に現代社会では、OA機器の発達により一日の大半をこれらの危機に囲まれて生活しています。目にとっては酷使される環境なのです。目の疲れをそのまま放置していると体にも影響が出ることがありため、できるだけ目に疲れを与えないようにすること、また疲れ目は早めに解消してあげることが大事です。目の疲れる要因は目の周りの血流が滞る事にあります。その結果目の周りの筋肉が硬直していくのです。そのため、目の疲れの解消は目の周りの血流を促すことと、目の周りの筋肉を柔らかくほぐしてあげることが大事になります。すぐに効果の出るものもあります。

体操などを継続して行う

まず遠くを見ることです。パソコン操作などは近いところを見ています。意図的に遠くを見ることによって目のピントを合わせている筋肉が収縮したりゆるんだりするため、筋肉をやわらげる効果があります。次に目の体操です。目の疲れが解消される最も実感のあるものです。瞼の開閉や、目を動かすなど目の周りの筋肉を意図的に動かすことで開放感を得られます。そして目の疲れを解消するツボを利用することです。他にも目元を温めることで血行の促進を促す方法や、ガムをかむことで顔全体の筋肉を動かす作用なども効果があります。日常的に取り入れたいものはブルーベリーなど、目の健康に良いとされる食品を積極的に摂取することです。いまは様々な健康食品が出ているので、成分やその成分の含有量を見ながら購入するといいでしょう。健康食品であれば手軽に飲むことが可能なので、体操や日々の生活の中でいろいろと試行錯誤しながら、目の疲れをなくしていくことが出来ます。