目の疲れを解消せずに放置していると様々な病気を引き起こすことも

目は酷使されている

笑顔の婦人

放置すると眼精疲労になる

日常生活における情報のほとんどは目から入ってきます。目は知らぬ間に毎日のように酷使しているのです。一晩睡眠をとれば解消する目の疲れであれば、睡眠をしっかりとることで解決できますが、睡眠をとっても目の疲労が取れない症状になると眼精疲労です。単純な目の疲れとは異なり症状が頑固に続き簡単に解消できないところが特徴です。症状は、目が疲れるだけでなく、ぼやけたりかすんだり、痛くなったり充血したり、重くなったり、まぶしく見えたり、涙が出たりします。この症状がいつまでも続くのが眼精疲労です。要因は目の疲れと同様に目の使い過ぎによるものが一番多いのですが、近視や乱視などや、ドライアイ、緑内障や白内障など目の病気によっても生じます。

症状が軽いうちに対策

また精神的ストレスが眼精疲労を引き起こす場合もあります。眼精疲労は日常生活のケアで解消することは難しくなります。そのため、目の病気の有無に関して眼科で診察を受けるのがベストです。またメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正道具があっていない可能性もあります。環境の改善も有効的です。パソコンの画面と周囲の明るさを一定にするなど、窓からの光を調節したりすること、姿勢も大事です。目の高さより少し見下ろすようにすることで目への負担を軽減させることができます。休憩を意図的に取ることも必要です。長時間連続は瞬きの回数を減らすなどドライアイへ導く可能性が高くなってしまうのです。目の疲れを感じたら眼精疲労にならないように症状が軽いうちに解消させることが大事なのです。さらに出来れば日常的にサプリメントなどで効果的な栄養素を補ってあげることも大切です。サプリメントであれば必要量を簡単に摂ることが可能となります。定期コースなどに申し込んで一定期間飲むことで、目の回復が実感出来るはずです。日頃使うメガネやコンタクトなども自分に合ったものを使いながら、サプリメントも上手に取り入れていきましょう。